日高町のあゆみ

昭和29年度からの日高町の歩みを紹介します。

昭和29年
(1954年)
10月1日 内原、志賀、比井崎村の三村が合併し、日高町が発足。町長職務執行者に上谷米次郎氏就任。旧内原村役場を本庁舎とし、志賀支所を旧志賀村役場に、比井崎支所を旧比井崎村役場にそれぞれ設置。
日高町消防団発足。
10月30日 町長選挙、白井勇氏が初代町長となる。
昭和30年
(1955年)
2月13日 町議会議員一般選挙執行、当選22名。
8月14日 第1回町長杯野球大会開催。
10月1日 国勢調査、人口8,779人。
昭和31年
(1956年)
3月31日 原谷小学校校舎改築。
4月1日 第1回自主財政再建計画策定。
昭和32年
(1957年)
1月21日 町立日高中学校を志賀地区に建築決定。
4月1日 池田地区に町立内原保育所を新築。
昭和33年
(1958年)
2月26日 町立日高中学校校舎竣工。
3月20日 内原、志賀、比井崎の3中学校を統合し、日高中学校を創設。
4月1日 地方改善施設整備事業に着手。
10月1日 町長選挙、井上長次郎氏2代目町長に。
昭和34年
(1959年)
2月7日 町議会議員一般選挙執行、当選22名。
9月26日 伊勢湾台風襲来、猛威をふるう。
昭和35年
(1960年)
3月31日 内原小学校統合校舎竣工。
4月1日 内原小学校、本校と分校が統合。
10月1日 国勢調査、人口8,177人。
10月31日 日高町商工会発足。
昭和36年
(1961年)
9月1日 日高町社会福祉協議会発足。
9月16日 第2室戸台風襲来、災害救助法発令。
昭和37年
(1962年)
4月1日 比井、産湯火葬場竣工。
10月1日 町長選挙、井上長次郎氏2選なる。
昭和38年
(1963年)
2月10日 町議会議員一般選挙執行、当選20名。
3月31日 高家西久保橋、天満橋竣工。
4月1日 日高町老人クラブ連合会発足。
日高町善意銀行開設。
昭和39年
(1964年)
3月31日 日高町隣保館竣工。
11月20日 役場庁舎を現在地に新築落成。
12月10日 新庁舎落成式、町制施行10周年記念式典を新庁舎で挙行。
役場機構改革、総務課、住民課、税務課、産業建設課、出納室を設置。
昭和40年
(1965年)
2月5日 国道42号線、紀伊内原駅前に日高地方で最初の信号機設置。
4月1日 比井みのり保育所開設。
10月1日 国勢調査、人口7,566人。
昭和41年
(1966年)
7月1日 日高町土地改良区発足。
10月1日 町長選挙、井上長次郎氏3選なる。
昭和42年
(1967年)
2月10日 町議会議員一般選挙執行、当選20名。
4月1日 農山漁村同和対策事業に着手。
10月10日 御坊市外7ヶ町村環境衛生施設事務組合で、し尿処理施設竣工。
昭和43年
(1968年)
3月31日 産湯川樋門完成。
7月23日 国道42号線、内原小学校前に横断歩道橋設置。
11月30日 阿尾小学校校舎竣工。
昭和44年
(1969年)
2月18日 御坊市外7ヶ町村広域青少年補導センター開設。
8月4日 内原小学校水泳プール竣工。
昭和45年
(1970年)
8月27日 日高町誌編纂に着手。
10月1日 国勢調査、人口7,119人。
10月4日 町長選挙、一松春氏3代目町長に。
12月23日 日高町長期総合計画策定。
昭和46年
(1971年)
2月7日 町議会議員一般選挙執行、当選20名。
4月1日 役場機構改革、産業建設課を廃止、産業課、建設課、水道課、企画室を設置。
4月30日 御坊周辺広域市町村圏事務組合設立。
10月19日 第26回国民体育大会の大会旗、炬火リレー日高町通過。
昭和47年
(1972年)
2月19日 日高町中央公民館竣工。
3月30日 原谷小学校廃校式典、校史発刊。
4月1日 内原小学校と原谷小学校が統合、内原小学校として発足。
原谷へき地保育所開設。
日高町同和委員会発足。
8月31日 内原小学校校舎3教室増築。
12月2日 同和対策農業基盤整備事業に着手。
昭和48年
(1973年)
3月26日 日高町文化財保護条例制定。
4月1日 比井地区に町営火葬場竣工。
8月31日 比井小学校校舎竣工。
10月17日 阿尾小学校開校100周年記念式典。
昭和49年
(1974年)
4月1日 日高町老人憩の家「海の家」竣工。
農村総合整備モデル事業着手。
7月1日 役場機構改革、同和室を設置。
10月6日 町長選挙、一松春氏2選なる。
11月2日 比井小学校開校100周年記念式典。
11月3日 内原小学校開校100周年記念式典。
11月4日 志賀小学校開校100周年記念式典。
11月10日 町制施行20周年記念町民体育大会開催。
昭和50年
(1975年)
2月2日 町議会議員一般選挙執行、当選20名。
4月1日 婦人同和運動実践連絡会発足。
10月1日 国勢調査、人口7,023人。
昭和51年
(1976年)
3月31日 消防団本部庁舎竣工。
5月28日 日高町体育協会発足。
7月3日 日高町文化協会発足。
昭和52年
(1977年)
2月1日 高家集会所竣工。
11月20日 第1回日高町文化祭開催。
12月10日 日高町誌発刊。
12月20日 内原小学校屋内運動場竣工。
昭和53年
(1978年)
3月20日 小浦地区公民館竣工。
5月27日 日高町青少年補導連絡協議会発足。
8月28日 志賀小学校校舎、屋内運動場竣工。
10月1日 町長選挙、一松春氏3選なる。
昭和54年
(1979年)
2月4日 町議会議員一般選挙執行、当選20名。
4月1日 役場機構改革、原発対策室設置。
9月4日 萩原浄水場竣工。通水式。
10月3日 日高町基本構想策定。
昭和55年
(1980年)
1月1日 比井保育所、志賀保育所竣工。
1月15日 第1回日高町産業まつり開催。
2月1日 日高町同和委員会「明日への展望」第1号発刊。
3月31日 日高町若もの広場竣工。
5月21日 町立武道館竣工。
6月1日 日高町武道館 剣道・柔道教室開設。
10月1日 国勢調査、人口6,973人。
10月15日 広域清掃センター竣工。
昭和56年
(1981年)
2月28日 萩原集会所竣工。
3月10日 地方改善事業で杉丸橋竣工。
7月31日 日高町農村環境改善センター竣工。
12月10日 地方改善事業で日高町民プール竣工。
昭和57年
(1982年)
1月1日 青年同和運動実践連絡会発足。
3月31日 谷口橋、日高町文化会館竣工。
4月1日 小中住民公園開園。
6月19日 日高町第2次長期総合計画策定。
8月31日 日高中学校校舎竣工。
10月3日 町長選挙、一松春氏4選なる。
11月1日 役場機構改革、管財課設置。
12月28日 日高広域消防事務組合設立。
昭和58年
(1983年)
1月19日 西山ピクニック緑地、遊歩道完成。
1月30日 町議会議員一般選挙執行、当選18名。
4月1日 谷口住民公園開園。
5月1日 日高町戦没者記録集「郷土の礎」発刊。
7月22日 第1回老人ゲートボール大会開催。
10月1日 日高広域消防事務組合業務開始。
昭和59年
(1984年)
3月15日 内原保育所竣工。
3月20日 田杭集会所竣工。
10月28日 町制施行30周年記念町民運動会開催。
11月27日 町制施行30周年記念式典開催。
「町の木・・・あこう、町の花・・・萩」に制定。
昭和60年
(1985年)
3月14日 紀伊内原駅無人化にともなう業務委託。
10月1日 国勢調査、人口6,975人。
11月20日 役場機構改革、企画室、原発対策室を廃止、地域振興対策課設置。
昭和61年
(1986年)
3月31日 小池集会所竣工。
10月5日 町長選挙、一松春氏5選なる。
11月23日 第1回ゲートゴルフ大会開催。
昭和62年
(1987年)
2月1日 町議会議員一般選挙執行、当選16名。
3月31日 久志集会所竣工。
12月15日 日高中学校技術教室棟竣工。
昭和63年
(1988年)
2月7日 第1回チャリティーバザー開催。
11月13日 熊野古道IN日高ふれ愛ハイク開催。
平成元年
(1989年)
2月25日 日高中学校屋内運動場竣工。
3月6日 中志賀構造改善センター竣工。
平成2年
(1990年)
2月14日 日高中学校屋外運動場竣工。
4月1日 萩原住民公園開園。
7月9日 第2、第4土曜日を閉庁に。
9月30日 町長選挙、志賀政憲氏4代目町長に。
10月1日 国勢調査、人口6,862人。
12月9日 第1回「ふれあいの日」開催。
平成3年
(1991年)
2月3日 町議会議員一般選挙執行、当選16名。
2月26日 産湯集会所竣工。
3月29日 日高町社会福祉センター竣工。
4月1日 役場機構改革、地域振興対策課を廃止、企画財政課、保健衛生課を設置。
紀伊内原駅前に日高町駐車場設置。
7月24日 役場庁舎増築改修工事竣工。
9月18日 生活排水処理基本計画策定。
平成4年
(1992年)
3月12日 日高町総合計画(第3次)策定。
3月31日 日高町商工会館竣工。
10月2日 第4回全国ひだかサミットが本町で開催される。
日高いのち唄制作。
12月25日 国土利用計画日高町計画策定。
平成5年
(1993年)
3月31日 防災行政無線竣工。
4月1日 役場機構改革により水道課を廃止、上下水道課設置。
地籍調査事業開始。
平成6年
(1994年)
3月31日 御坊広域休日急患診療所竣工。
御坊クリーンセンター竣工。
4月1日 比井・阿尾小学校2校が統合、比井小学校として発足阿尾小学校が休校となる。
7月16日 世界リゾート博が和歌山マリーナシティで開催される。
10月1日 町制施行40周年に日高町民憲章を制定。
10月2日 第1回くえマラソン開催。
10月9日 町長選挙、志賀政憲氏2選なる。
10月12日 小杭地区での温泉開発ボーリング調査に着手。
11月6日 町制施行40周年記念町民運動会開催。
平成7年
(1995年)
2月5日 町議会議員一般選挙執行、当選16名。
4月6日 2歳児保育始める。
10月1日 国勢調査、人口6,926人。
10月16日 備蓄倉庫竣工。
平成8年
(1996年)
2月26日 小杭での掘削が成功し、「紀伊日高温泉」として認定される。
3月29日 比井駐在所竣工。
保健福祉総合センター 愛称「ふれあいセンター」竣工。
3月30日 湯浅御坊道路開通。
10月1日 兵庫県日高町と災害時における相互応援協定締結。
平成9年
(1997年)
8月20日 高家集会所竣工。
11月15日 第1回ふれあい祭開催。
平成10年
(1998年)
3月31日 地域防災計画策定。
5月28日 御坊広域清掃センター新施設稼動。
10月11日 町長選挙、志賀政憲氏3選なる。
11月15日 第1回日高町文化賞表彰。
12月25日 全国日高災害時相互応援協定締結。
平成11年
(1999年)
2月7日 町議会議員一般選挙執行、当選14名。
3月7日 第1回日高町スポーツ賞表彰。
3月29日 地域振興券交付。
4月28日 南紀熊野体験博開幕。
10月25日 戸籍事務コンピュータ化。
平成12年
(2000年)
2月25日 阿尾下水処理場竣工。
3月17日 温泉館「海の里」みちしおの湯竣工。
3月31日 県道井関御坊線新鹿ヶ瀬トンネル竣工。
4月1日 役場機構改革、同和室を廃止、温泉館を設置。
介護保険制度スタート。
10月1日 国勢調査、人口7,148人。
平成13年
(2001年)
2月26日 比井下水処理場竣工。
6月25日 第4次日高町長期総合計画策定。
9月7日 町道産湯小坂線竣工。
9月26日 第2次国土利用計画日高町計画策定。
10月9日 庁舎改築により農村環境改善センターへ仮移転。
平成14年
(2002年)
2月28日 日高町斎場竣工。
3月20日 小浦下水処理場竣工。
3月31日 日高町同和委員会・青年同和運動実践連絡会・婦人同和運動実践連絡会解散。
4月1日 完全学校週5日制実施。
日高町エンゼルプラン策定。
4月4日 学校土曜日閉校に伴い、中央公民館を開放。
9月24日 新庁舎で業務開始。庁舎のバリアフリー化。
10月6日 町長選挙、中善夫氏5代目町長に。
平成15年
(2003年)
2月2日 町議会議員一般選挙執行、当選14名。
3月31日 阿尾小学校廃校。
4月1日 産湯公衆便所竣工。
日高町ホームページ開設。
7月15日 美浜町・日高町・由良町任意合併協議会設置。
8月25日 住民基本台帳ネットワークシステム運用開始。
10月1日 日高町情報公開制度開始。
12月5日 美浜町・日高町・由良町合併協議会設置。
平成16年
(2004年)
1月29日 公的個人認証サービス運用開始。
2月29日 比井小学校屋内運動場竣工。
3月15日 柏コミュニティセンター竣工。
5月31日 美浜町・日高町・由良町合併協議会解散(廃止)。
6月24日 日高町・由良町合併協議会設置。
10月1日 日高町制施行50周年。
10月4日 町内小・中学校の給食開始。
10月13日 阿尾小学校跡地に特別養護老人ホームひだか博愛園みちしお竣工。
10月16日 広川南インター供用開始。
12月22日 小池下水処理場竣工。
平成17年
(2005年)
1月31日 日高町・由良町合併協議会解散(廃止)。
2月4日 萩原浄水場増改築工事竣工(膜濾過方式採用:簡易水道から上水道に)。
2月25日 小池下水処理場竣工式。
3月17日 志賀保育所増改築工事竣工。
3月22日 高家駐在所造成工事竣工。
津波避難誘導灯及び海抜表示板を海岸筋に設置。
3月30日 人工海浜・柏ビーチ(県事業)延長300m完成。
4月1日 0歳児保育実施(志賀保育所)。
簡易水道事業会計から上水道企業会計へ移行。
4月6日 萩原浄水場増改築工事 竣工式。
5月31日 白馬開発株式会社解散。
7月1日 社会福祉法人太陽福祉会 パン工房サンフルひだか竣工。
10月1日 国勢調査、人口7,344人。
11月1日 日高町行財政改革大綱策定。
平成18年
(2006年)
3月1日 ケーブルテレビ開局(由良町、日高町、日高川町)。
3月7日 役場議場アスベスト対策工事竣工。
3月9日 高家駐在所竣工。
3月11日 和歌山県多目的グランド竣工(荊木:職業訓練校グランド跡)。
4月1日 ケーブルテレビ行政チャンネル運用開始。
日高町地域包括支援センター設置。
役場機構改革、住民課を住民福祉課に、保健衛生課を生活環境課に変更。
5月17日 町道高家下志賀線竣工式。
6月17日 内原東地区処理施設建設工事に着工。
9月26日 町長選挙告示(中町長無投票当選:2選なる)。
10月30日 日高町中央公民館耐震補強及び改修工事竣工。
12月12日 麻生外務大臣より田杭区に感謝状贈呈(ヨハネス・クヌッセンの遺徳を讃える活動に)。
12月27日 県教育委員会より田杭区に感謝状贈呈(ヨハネス・クヌッセンの遺徳を讃える活動に)。
平成19年
(2007年)
1月26日 町より田杭区に感謝状贈呈(ヨハネス・クヌッセンの遺徳を讃える活動に)。
1月30日 町議会議員一般選挙告示(無投票:定数を14名から11名に)。
3月26日 産湯川水門遠隔操作設備設置工事竣工。
4月1日 役場機構改革、町長部局に総務政策課(総務課と企画財政課を統合)、住民福祉課(住民福祉課と生活環境課を統合)、産業建設課(産業課と建設課、管財課を統合)を設置。教育委員会部局に教育課(総務課と学校教育課、社会教育課を統合)を設置。
地方自治法の改正、「助役」を「副町長」に変更。
5月23日 和歌山県知事より田杭区に表彰状贈呈(ヨハネス・クヌッセンの遺徳を讃える活動)。
7月1日 地方自治法の改正、会計管理者を設置。
8月15日 故ヨハネス・クヌッセン機関長の没後50周年記念祭開催に伴い、デンマーク王国 フレデリクスハウン市へ訪問団を派遣(8月15日~22日)。
8月31日 日高町農村環境改善センター耐震補強及び改修工事竣工。
9月10日 産湯水門ライブカメラ映像配信設備竣工。
9月20日 役場庁舎耐震補強工事竣工。
12月5日 南出川水門設置工事竣工。
平成20年
(2008年)
 2月5日 高家下水処理場 竣工。
2月27日 高家住民公園 竣工。
比井川水門遠隔操作設備設置工事竣工・ライブカメラ映像配信設備竣工。
3月21日 南出川水門遠隔操作設備設置工事竣工・ライブカメラ映像配信設備竣工。 
3月29日 高家下水処理場 竣工式。 
4月28日 県自動車整備振興会御坊支部日高町ブロック会と「大規模災害発生時における復旧支援活動に関する協定書」を締結。 
5月2日 町内12か所(役場庁舎、3保育所、3小学校、中学校、中央公民館、農改センター、武道館、温泉館)の公共施設にAED(自動体外式除細動器)を設置。 
5月19日
  20日
3保育所、中央公民館、教育委員会に緊急地震速報端末を設置。
6月10日 ふるさと日高応援サイト(ふるさと納税のご案内)をHPに掲載。 
7月1日 日高町公式ホームページ リニューアル。 
9月1日 日高町公式ホームページのモバイルサイト開設。
9月12日 3小学校、中学校、役場庁舎、温泉館、保健福祉総合センターに緊急地震速報端末を設置。
平成21年
(2009年)
 3月31日 日高町防災計画改定。 
4月20日 比井保育所園児・小学校児童ら送迎用に、環境にやさしいスクールバスを導入。
7月13日 クエのテーマソング「クエクエboogie-woogie」「九絵のバラード」発表。
7月23日 消防庁舎集落排水処理施設接続開始。
9月27日 萩原集会所耐震工事竣工。
平成22年
(2010年)
1月29日 日高町が全国町村会で「優良町村」として表彰される。 
内原、、志賀、比井保育所に太陽光パネル設置。
3月31日 浄化槽市町村整備推進事業及び、農業集落排水事業が完了。
孤立集落対策防災行政無線機を、町内10か所に設置。
4月1日 子どもの、医療費助成制度の対象を、中学3年生まで拡大。
5月 「広報ひだか」を毎月発行に。 
10月1日  国勢調査実施、人口7,432人、世帯数2,648戸。
10月3日 町長中善夫氏、無投票で再選。(3期目)
12月 谷口交差点改良と信号機設置、谷口橋竣工。
平成23年
(2011年)
1月20日 防災行政無線操作卓をデジアナ併用に更新。
1月30日 日高町議会議員一般選挙執行、当選11名。 
3月4日 町内全域地籍調査が完了。(平成5年より実施)
3月11日 東北地方太平洋沖地震発生、日高町震度1、津波高1m。 
3月24日 特別養護老人ホームひだか博愛園みちしお増床工事竣工。 
3月25日 全国瞬時警報システム(J-ALERT)を導入。 
4月1日 役場機構改革、町長部局に健康推進課(住民福祉課から分離)を設置。
60歳以上の方の優待割引を開始。(温泉館「海の里」みちしおの湯)
御坊市外三ヶ町国民健康保険事務組合解散により、国民健康保険業務開始。
高齢者外出支援試行事業開始。
4月28日 農林水産省より、バイオマスタウンとして公表 。
5月 東北地方太平洋沖地震により、被災した岩手県へ、役場職員7名を派遣。
9月21日 第三次日高町国土利用計画策定。
9月 台風12月により、日高川町を始め県南部に甚大な被害が発生し、復旧支援として、職員23名を日高川町に派遣。
12月21日 第五次日高町長期総合計画策定。 
平成24年
(2012年)
2月14日 クヌッセン機関長救命艇新保管庫竣工。
2月29日 小浦川水門遠隔操作設備設置工事竣工・ライブカメラ映像配信設備竣工。
3月5日 内原保育所駐車場完成。
4月1日 阿尾地区において、急傾斜地崩壊対策事業及び、避難広場整備事業に着手。
7月21日 県道比井紀伊内原停車場線竣工。(比井地区)
11月14日 内陸の小中学校に防災頭巾、比井小学校にライフジャケットを配布。
12月20日 比井保育所にライフジャケットを配布。
平成25年
(2013年)
2月8日 災害時要援護者支援事業により、町内10地区にリヤカー配備。
2月22日 日高中学校に空調設備。
3月26日 災害対策本部の代替施設である日高中学校に、防災相互通信用無線機を設置。
3月31日 内原王子公衆便所竣工。
小杭、方杭、田杭地区に衛星携帯電話を配備。
4月1日 各種税金と上下水道料金のコンビニ収納開始。
高齢者外出支援試行事業を、本事業化。
漁村再生交付金事業による、比井地区の大規模避難路整備に着手。
4月30日 紀の国わかやま国体日高町実行委員会設立。
6月18日 防災行政無線のデジタル化工事に着手。
7月1日 日高町子育て支援センター開設。(保健福祉総合センター内)
10月31日 内原、志賀、比井各小学校に空調設備設置。
平成26年
(2014年)
1月31日 産湯海水浴場「海の家」竣工。 
3月6日 小浦公民館耐震補強及び外壁改修工事竣工。(公共施設の耐震改修事業完了)
3月27日 町長、中善夫氏逝去される。(平成14年10月より11年6か月間町政を担当)
3月28日 南海トラフ地震津波避難対策特別強化地域に指定される。 
3月31日 日高町立内原小学校校舎改修工事竣工。(便所棟を2階建てに改修、校舎の補修工事等)
日高町地域防災計画改定。
津波ハザードマップを更新。(南海トラフ巨大地震を想定)
 志賀地区土砂災害ハザードマップを作成。
5月6日 日高町長選挙及び日高町議会議員補欠選挙告示、日高町議会議員補欠選挙で無投票当選、2名。
5月11日 日高町長選挙執行、松本秀司氏6代目町長に。
7月19日 紀の国わかやま国体のリハーサル大会を開催。(5日間)
7月28日 日高町シルバー人材センター設立。