特産品 黒竹

黒竹

日高が育んだ独自の黒竹文化

黒竹は、淡竹(はちく)の一種。中国原産で、青竹と比較して幹が細く、外皮が黒いのが特徴です。
昔から釣り竿や家具の装飾に使われるなど、私たちの生活に密着した日用品として発展してきました。
いま、黒竹の良さが見直され、日高特産の素材を活かした新しい文化として、注目されています。ぜひ、黒竹に触れてみてください。きっと、なつかしい思い出がよみがえります。

全国一の黒竹生産地

全国一の黒竹生産地熊野古道の史跡が数多く現存する原谷地区は、全国一の黒竹の生産地。
同地区では明治初期から黒竹の植林が始まりました。
黒竹は淡竹(ハチク)の一種。地上に出始めたころの色は、普通の青竹と変わりませんが、1~2年を経るうちに黒茶色になるのが特徴です。
独特のつやを持ち、風雅な趣があることから、黒竹は昔から室内や家具の装飾材、垣根、庭の植え込みなどに用いられてきました。
この黒竹の持つ特性を生かすためには、幾多の作業工程を必要とします。
まず、竹林から伐採に適した竹を見分けて刈りだし、黒さや太さによりいくつかの部類に選別します。
次に、これらを特殊な道具や設備を用いて一定の長さに整えたり、油分を抜いたり、曲がった箇所をまっすぐに直したりの加工を施します。これらはすべて手作業で行われ、竹材や枝、長穂(枝付きの細い竹)など、用途に応じてまとめられ、全国に出荷されていきます。

あらたな動き

黒竹の工芸品同地区では近年、高齢者が中心となって、黒竹の工芸品化に取り組んできました。
最近では、日高町のおみやげ品として評判になり、花立、壁掛け、置物などが人気を呼んでいます。
また、若い女性も活動に加わり、小中学生や熊野古道を訪れた人々に工芸品づくりの体験も行われています。