国民健康保険に加入されている方が交通事故等にあった場合

国民健康保険で治療を受ける時は必ず届出を

交通事故など、第三者の行為によるケガの治療に国保を使う場合は、保険者(日高町)への届出が義務づけられています。

届出をしていただくことによって、国保を使って治療していただくことができます。

その場合、日高町が一旦治療費を支払い、後日加害者に請求する流れになります。

被害者にも過失があった場合、その過失割合によって医療費の負担金額を計算します。

日高町の国保加入者が第三者による事故などにあった場合は、速やかに健康推進課 国保係までご連絡ください。

 

○次の場合は国民健康保険が使えません

・雇用者が負担すべきもの、労災対象の事故

・飲酒運転や無免許運転など法令違反の事故

・犯罪行為や故意の事故

 

国保への届出をする前に、加害者から治療費を受け取ったり、示談を結んでしまうと、

  日高町の国保が立て替えた医療費を、加害者に請求できなくなる場合がありますので、示談を結ぶ前に必ず届出下さい。

 

手続きの方法

まず、警察に届出をして交通事故証明書を発行してもらいます。

その証明書と下記の必要なものを持って、健康推進課 国保係の窓口までお越しください。

 

必要なもの

・被保険者証

・印鑑

・交通事故証明書(原本に限る、後日でも可

・マイナンバーカード又は通知カードと本人確認書類

 

お問い合わせ

健康推進課
電話:0738-63-3801
ファクシミリ:0738-63-3846