年金加入の手続き・届出

国民年金の資格を取得したときや喪失したとき、内容の変更があるときは、必ず届けましょう。
なお、届け出は住民福祉課で手続きをしてください。

 

こんなときどうする必要なもの
20歳になったとき 厚生年金、共済組合に加入していない方は国民年金に加入する
  • 印鑑
会社を退職したとき 国民年金加入の手続きをする
  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 脱退連絡表
配偶者の被扶養者でなくなったとき 第3号被保険者から第1号被保険者への種別変更の手続きをする
  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 配偶者の健康保険証
年金手帳をなくしたとき 再交付の手続きをする
  • 印鑑
より多くの年金を受けるため、付加保険料も納めようとするとき 付加保険料納付申請をする  
60歳になるまでに年金を受けるための資格期間をみたすことができない 高齢任意加入の申出をする  
60歳以上で、すでに資格期間は満たしているが、年金額を増やしたい 高齢任意加入の申出をする  
第1号被保険者が死亡したとき 資格喪失の手続きをする  
第1号被保険者の住所が変わったとき 住所変更届を提出する  
年金保険料を納めるのが困難なとき 免除申請(全額、半額)をする
※学生…学生納付特例申請
  • 印鑑
  • 年金手帳
  • 所得証明
  • 学生と確認できるもの
65歳になったとき 老齢基礎年金裁定請求をする
  • 印鑑
  • 戸籍謄本
  • 配偶者の年金証書(配偶者が年金をもらっている場合)
  • 請求者本人名義の預金通帳

 

 

お問い合わせ

住民福祉課
電話:0738-63-3800