介護保険負担限度額認定申請について

施設サービスを利用したときの費用

施設サービス費の1割に加え、居住費・食費・日常生活費を支払います。

施設サービス費の1割

居住費

食費

日常生活費
(理美容代など)

自己負担

居住費・食費について

居住費・食費は、施設と利用者との契約により決められますが、施設の平均的な費用を基に、水準額が定められています。

居住費・食費の水準額(1日あたり)
施設の種類居住費食費
従来型個室多床室ユニット型個室ユニット型個室的多床室
介護老人福祉施設 1,171円 855円 2,006円 1,668円 1,392円
介護老人保健施設・
介護療養型医療施設
1,668円 377円 2,006円 1,668円

 

所得が低い方は、居住費と食費の負担が軽くなります

所得が低い方に対しては、所得に応じた自己負担の上限(限度額)が設けられており、これを超える利用者負担はありません。超えた分は「特定入所者介護サービス費」として介護保険から給付されます。
※給付を受けるには、日高町役場いきいき長寿課への申請が必要です。

居住費・食費の自己負担限度額(1日あたり)
区 分居住費食費
従来型個室多床室ユニット型個室ユニット型個室的多床室
・生活保護受給者の方等
・老齢福祉年金受給者で、世帯全員が市町村民税非課税の方
490円
(320円)
0円 820円 490円 300円
世帯全員が市町村民税非課税で、前年の合計所得金額と
課税年金収入額の合計が80万円以下の方等
490円
(420円)
370円 820円 490円 390円
世帯全員が市町村民税非課税で、上記に該当しない方 1310円
(820円)
370円 1310円 1310円 650円

上記の要件に加え、配偶者(内縁関係も含む)が市町村民税を課税されていないことと、預貯金等の金額が1,000万円(配偶者がいる場合は2,000万円)未満であること。

食費・居住費の利用者負担段階の判定に用いる収入には、平成28年8月からは非課税年金(遺族年金、障害年金)収入金額も含めて判定することとなります。

※( )内の金額は、介護老人福祉施設に入所した場合または短期入所生活介護を利用した場合の額です。

 申請が認定されたとき「負担限度額認定証」を発行しますので、サービス利用前に施設へ提示してください。

申請書について

護保険負担限度額認定申請書の様式は、申請書ダウンロードページからダウンロードできます。

お問い合わせ

いきいき長寿課
電話:0738-63-3807
ファクシミリ:0738-63-3846